福祉用具貸与事業所 ゼロワンサービス
枚方市北中振3-24-31 KYビル2階

GPS機能付徘徊感知器も介護保険貸与の給付対象です!

徘徊に悩まれているご家族はもちろん、介護事業所、地域包括支援センター、民生委員、市役所、警察等関わる関連機関の方々に幅広く認知され大変喜ばれています。


● 徘徊感知器を利用した事があるが正確ではなく不適合だった方
● 自費の徘徊感知器では費用負担が大きくて困っている方
● 通所サービスのお迎えに行くが利用者様が徘徊されて居られない方
● 昼夜問わず行方がわからなくなってしまう方
● 独居の方、或いは同居でもご家族の協力を得られない方 等々


“徘徊”で困っていることがあれば、まずは一度ご相談ください。専門スタッフがしっかり対応いたします!

ご利用のお客様の声

75歳 男性 病名:心筋梗塞、高次機能障害  介護度:要介護1
生活環境:妻と息子の3人暮らし。週2回のデイケアを利用している。
相談内容:平成28年5月頃初めて徘徊あり。京都にて発見される。以降、毎日のように徘徊行為がみられるようになり家族の心配・負担が増えている。ご本人様は自分が認知と認めておらずサービスをなかなか受け入れない状況でした。
導入後:ご本人様は散歩が唯一の楽しみでそれを制限してしまうと奥様に暴力的になったりしてストレスが溜まってしまうとのことで、あり程度外出を認めつつ離れた所から居場所がわかるものがないかとの相談があった為、「iTSUMO
の導入にいたりました。ゼロワンさんと息子で見守れることになり、どこにいるのかがわかる安心感から常に目を光らせておく必要がなくなり、介護負担が軽減されたと奥様も大満足のようです。
 
 
 
 
67歳 男性 病名:認知症、脳梗塞、Ⅱ型糖尿病、高血圧 介護度:要介護3
生活環境:弟と二人暮らしで、昼夜問わず徘徊があり見守りが必要な状態。デイサービス、ショートステイ等を利用している。弟さんは仕事をしており常に家で見ているのは難しい状態。
相談内容:最近徘徊がまた始まり、たびたび警察から連絡がありました。先日も転んでケガをして通行人が救急車を呼んでくれました。デイサービスに行かない日は外に出かけて帰りがわからなくなることが多く、電車やバスにも乗ってしまうことがあり見つけるのが困難となってきた。
導入後の声:弟さんとデイサービス、ケアマネージャー、ゼロワンで見守ることになりました。弟さんは仕事をされているので、ずっと監視の目を光らせているわけにもいかず大変苦労されていたのですが、「iTSUMO」を導入されてからは、今どこにいるのか把握でき、何かあった時にもゼロワンやケアマネージャーの方々も協力体制を整えてくれているので、今まで感じていた「何かあったらどうしよう?」という不安から解放されたことにとても喜んでいらっしゃいます。
 
※介護保険に対応していない市区町村も一部ございます。詳しくは弊社までお問い合わせください。

トップページ > かんたんGPS+専用ケース「いつも」のサービス